かめきち先生のブログ

かめきち先生が学習ポイントをお伝えします。

タグ:生物

こんにちは、かめきち先生です。

今回は、高校生物に登場する人物をまとめてみました。

入試や模試の前のおさらいに使ってみて下さい。





フック・・・コルクの切片から細胞を発見

ブラウン・・・細胞内にを発見

シュライデン・・・細胞説提唱(植物において)

シュワン・・・細胞説提唱(動物において)

フィルヒョー・・・細胞が分裂によって増殖することを提唱

メンデル・・・メンデルの遺伝の法則を提唱

レーウィー・・・カエルの心臓から神経伝達物質を発見

ミーシャー・・・膿からヌクレインを発見

グリフィス・・・肺炎双球菌における形質転換を観察

エイブリー・・・形質転換の要因はタンパク質やRNAではなく、DNAであるとした

ビードルとテータム・・・一遺伝子一酵素説を提唱

シャルガフ・・・シャルガフの規則の発見

ハーシーとチェイス・・・バクテリオファージの実験から遺伝子の正体はDNAであると結論付けた

ウィルキンスとフランクリン・・・DNA結晶のX線写真から、DNAのらせん構造を確認

ワトソンとクリック・・・DNAの2重らせん構造のモデル作成

メセルソンとスタール・・・DNAの半保存的複製の証明

ガードン・・・カエルを用いて、体を構成する細胞には、全ての遺伝情報が含まれている事を確認(核移植実験)

シュペーマン・・・胚の予定運命が初期原腸胚〜初期神経胚の間で決定されるとした

フォークト・・・局所生体染色法による胚の予定運命の特定

ボイセン=イェンセン・・・幼葉鞘の先端で、光を受容してできた物質(オーキシン)は、光が当たっていない方を通過して基部へと行き渡ることを証明

パール・・・幼葉鞘の先端でできた物質が不均一に分布したことで屈曲が起こることを証明

ウェント・・・幼葉鞘の先端で作られる物質が水溶性であり、成長促進を担っていることを証明

ダーウィン・・・自然選択説、幼葉鞘は先端で光を感知すると、やや下で屈曲する事を証明

ヘッケル・・・発生反復説

ラマルク・・・用不用の説 

ワグナー・・・隔離説

ド・フリース・・・突然変異説

木村資生・・・中立説

山中伸弥・・・iPS細胞の作製に成功


問題で問われるような人物は、ざっとこんな感じかと思います。

各人物の功績に関しては、必要最低限でまとめてありますので、もし試験までに余裕があるなら、参考書などを紐解いて、更に詳しく掘り下げていきましょう。
 

こんにちは、かめきち先生です。

生物を勉強していると、「原核生物」や「真核生物」、「原生生物」など様々なカテゴリーが登場しますが、今回はその中でも特に分かりにくい「ウイルス」をピックアップしていきたいと思います。


皆さんも、薬品の広告などで「ウイルス」という単語を見かけることがあるかもしれませんが、そういった広告の中には、ウイルスを「微生物」扱いしていることがあったりします。

しかし、これは間違いです。


結論から言ってしまえば、ウイルスは生物ではありません。


では、なぜウイルスが生物ではないのか、それを説明する前に、まずは「生物の定義」を紹介したいと思います。


〜生物の定義〜
細胞膜を持つ
②DNAを持ち 、自己複製する仕組みがある。
③体内環境を一定に保つ仕組みがある
④ATPを利用してエネルギーを確保している


この4つの条件全てに該当して、初めて「生物」と呼ぶことができます。


ところが、ウイルスはこの定義にほとんど当てはまっていません。


例えば①について、確かにウイルスも膜を持っていますが、あれはタンパク質でできている殻であって、細胞膜ではありません。(細胞膜にはタンパク質だけでなく、リン脂質も含まれています。)

よって、この時点でウイルスは「生物」とは呼べないのです。

また、②においても、 確かにウイルスは大量に増殖しますが、その為には他の細胞に感染しなくてはならず、「自己複製」 とは言えません。


と、こんな感じで、ウイルスについては「生物」ではなく、あくまで「物体」や「構造体」といった認識を持っておくと良いでしょう。

動物細胞と植物細胞における細胞内構造の違いは中学の理科でも学習しているので、ついついおざなりにしてしまう方も多いのですが、中学の知識のまま挑むと、痛い目に遭ってしまう事が多いです。

 

今回は、そんな動物細胞と植物細胞における細胞内構造の違いを、注意点をピックアップしながら、説明していきたいと思います。

 

まずはこちらの表をご覧ください。


細胞内構造核膜細胞膜細胞壁葉緑体液胞ミトコンドリアゴルジ体リボソーム中心体
動物細胞××
植物細胞

今回はまず、動物細胞に存在しない細胞壁、葉緑体と、少し特殊な液胞について説明していきます。

 

中学の理科では、「動物細胞には細胞壁、葉緑体、液胞は存在しない」と習っていた方も多いかと思いますが、実際には少し違います。
 

実は、動物細胞にも液胞は存在します。
 

ただし、発達していない為、植物細胞の液胞と比べて極端に小さいのです。
 

 

なので、「植物細胞にはあり、動物細胞には無い細胞内構造は?」と問われたら、細胞壁葉緑体が解答となり

 

「植物細胞では発達していて、動物細胞では発達していない細胞内構造は?」と問われたら、液胞と答えるのが正解です。

 

 

さて、次に注目してほしいのは、動物細胞にあり、植物細胞に無い構造です。

こちらに関しては、中心体のみとなっていますが、表には“△”と記されていますね。

確かに、基本的には植物細胞には中心体が存在しませんが、シダ植物の胞子などには存在するので、こういった例外がある事は必ず押さえておきましょう。

 

では、今回のまとめです。

 

・植物細胞にあり、動物細胞に無いのは・・・細胞壁、葉緑体

・植物細胞では発達していて、動物細胞で発達していないのは・・・液胞

・動物細胞にあり、植物細胞に無いのは・・・中心体(例外あり)

 

他にも、原核細胞の細胞内構造など、覚えてほしい暗記事項はありますが、それは後ほど紹介していけたらと思います。

高校生物や生物基礎の「遺伝」の分野を勉強していると、必ず登場するのがコドン。

コドンを教科書的に説明するのであれば、「核酸の塩基のトリプレット」といった感じになりますが、、、



じゃあ、トリプレットって何なんだよ‼︎ 



って思った方もいるのではないでしょうか?

確かに、トリプレットに関する説明が記載されてなく、「コドン=核酸の塩基のトリプレット」としか書かれていない教科書や参考書のが多いようにも感じるので、当然の疑問だと思います。


ではまず、コドンとは何なのか。ここから話していきましょう。


コドンは簡単に言うと、「核酸の塩基を3つで1セットにしたもの」の別称で、「AGT」や「GAC」などをそう呼びます。

と、これは皆さんも何となく理解していると思います。



では、肝心のトリプレットを説明していきましょう。


「トリプレット=3つの塩基=コドン」なのでは?と思っている人もいるしれませんが、正確には少し違います。


トリプレットとは「同一の物を3つ集めたもの」を指す言葉なのです。


なので、トリプレットは塩基に限って使われる言葉ではなく、他の物に対しても使う事ができます。

例えば、ペンが3本集まれば、それは「ペンのトリプレット」、犬が3匹いれば「犬のトリプレット」と言い換える事ができるのです。



なので結論


「核酸の塩基が3つ集まったもの」をかっこよく言い直すと、「核酸の塩基のトリプレット」となり、それを更にかっこよく、かつコンパクトに言い換えたのが「コドン」になる。


といった解釈で良いでしょう。

少なくとも、「トリプレット=コドン」と覚えないように気をつけましょう。

これでは、何のトリプレットなのか判らないので、必ず「核酸の塩基のトリプレット」と覚えるようにしましょう。




 

↑このページのトップヘ