政治経済(公民)で出題される市場メカニズムについて、下記のグラフが出てくることが多いです。


スクリーンショット 2019-12-22 18.31.05


価格の自動調節機能は、供給の法則、需要の法則によって機能することになります。

供給の法則・・・価格が上がると供給量は増え、価格が下がれば供給量は減る。右上がりのグラフ(供給曲線)になります。

需要の法則・・・価格が上がると重要量は減り、価格が下がれば需要量は増える。右下がりのグラフ(需要曲線)になります。

どちらが需要曲線で、どちらが供給曲線かは覚えておかないといけません。

、、(点々)をつけて「じ」になる方が「じ」ゅよう曲線(需要曲線)と覚えましょう。


スクリーンショット 2019-12-22 18.47.18